マーク・パンサーの現在(2021)の活動まとめ。娘とは仲がいい様子

globeのラップ担当のマーク・パンサーさん。

2010年にボーカルのKEIKOさんが倒れて以降、globeは大幅に活動を縮小せざるを得なくなり、マーク・パンサーさん自身もメディアへの露出が少なくなりました。

そんな、マーク・パンサーさんが2021年現在はどんな活動をしているかまとめました。

目次

マーク・パンサーの2021年現在の活動

マーク・パンサーさんはglobeの活動縮小された後、メディアへの露出は減りましたが、活動の幅はむしろ広がり、アーティストのプロデュースや日本・香港・フランスでレストランを展開するなどし、その経験を買われて2016年には京都造形芸術大学キャラクターデザイン学科、2019年には大阪芸術大学芸術学部演奏学科にそれぞれ客員教授として就任するなどその活動多岐に渡っています。

EDMグループ「EDO」

マーク・パンサーさんは、GACKTさんの楽曲などを担当する音楽プロデューサーのダイチ・ヨコタさん、ファッションショーなどの音楽演出を手がけているアルゼンチン出身のクラウディオさんと3人で「EDO(イー・ディー・オー)」を2016年に結成。

EDOは、日本の伝統文化や音楽をEDM(エレクトロニック・ダンス・ミュージック)と組み合わせた「和製EDM」を発信するグループです。

第一弾として滝廉太郎の荒城の月をEDM化した「The Moon over the Ruined Castle」を世界38カ国で配信しました。

その他にもPS4のゲーム『LET IT DIE』にも楽曲を提供したりしています。

OBSラジオ 『しずちゃんとマーク・パンサーのGLOBISM』

マーク・パンサーさんは現在、大分のラジオ放送局OBSラジオで毎週日曜15時から賎川寛人アナウンサーとともに『しずちゃんとマーク・パンサーのGLOBISM』をやっています。

番組では90年代から00年代にかけての音楽シーンの話やマーク・パンサーさんから見た芸能界の裏側のなど話されています。

また、今だから話せるglobeや小室ファミリーついてなんてのも聞けます。

「ELECARGOT」

2020年にjessysとともに「ELECARGOT(エレカルゴ)」を結成。

「ELECARGOT」はインストゥルメンタルの新曲を毎日YOUTUBEに投稿しています。

2021年2月から毎週日曜日2人で インスタライブを行っています。

また、Tik Tokにてロケの様子を配信しています。こちらでは素のマークさんを見ることができて面白いです。

https://www.tiktok.com/@elecargot.official?is_copy_url=1&is_from_webapp=v1

まだまだ知名度は低いですが、今後注目されるかも知れませんね。

娘・愛理さんも登場

2020年から酒井薫子さんとの間に生まれた娘の愛理(マディー)さんも露出するようになりました。

2月27日の誕生日に25周年のglobeへの思いを込めた曲「HOPE」を発表。作詞はマーク・パンサーさんが務め、メインボーカルを娘の愛理さんが担当しました。

9月にはマーク・パンサーさんの推薦からかつて『学校へ行こう』で人気を博した「軟式globe」の2.5代目を襲名し、2021年現在、第14弾まで動画が出ています。

この動画で「あほだなー」って歌っている女性が愛理さんです。

10月に放送された『人生が変わる1分間の深イイ話』にマーク・パンサーさんと親子で出演。テレビ初公開の湘南の豪邸を案内していました。

この他にもインスタグラムで親子でフィットネスに取り組む動画などが投稿されていて、仲の良さが伺えます。

愛理さんが本格的な芸能界デビューする日も近いかもしれませんね。

マーク・パンサーの2021年現在の活動まとめ

globeの活動はほとんどなくなってしまいましたが、マークパンサーさんはアーティストや実業家。ラジオパーソナリティなど2021年現在も様々な活動をしています。

また、大きくなった娘の愛理さんの露出も増えて来ています。

以上、マーク・パンサーさんの2021年現在の活動のまとめでした。

目次
閉じる