星蘭ひとみの出演ドラマ一覧【カネ恋・おちょやん】

2020年に退団した元宝塚歌劇団・星組の星蘭ひとみ(せいら ひとみ)さんと豊田自動車の豊田章男社長の長男である豊田大輔さんが結婚することが判明しましたね。

星蘭さんは、芸能界引退も判明していますが、2019年に専科異動をしたあと人気ドラマに出演するようになり今最も注目されている女優に一人だっただけにショックですね。

今回は、少ないですが星蘭さんが出演したドラマ一覧を紹介します。

目次

星蘭ひとみが出演したドラマ一覧

星蘭ひとみさんは2015年に宝塚歌劇団の101期生として入団しました。月組の公演「1789」でデビューし、その後、星組に配属され「THE SCARLET PIMPERNEL」でルイ・シャルル役や「ベルリン、わが愛」でジル・クライン役などで出演しました。

その後、映像の仕事を中心に活躍するということで、入団からわずか4年で専科(特定の組に所属しない一芸に秀でた団員)へと異動し、ドラマの仕事を請け始めました。

経世済民の男 小林一三

星蘭さんが最初に出演したドラマは、2015年に「NHK放送90年ドラマ」として放送された「経世催眠の男」その第二部「小林一三」編です。

宝塚歌劇団や阪急電鉄を創設した小林一三を阿部サダヲさんが演じ、明治、大正、昭和の激動の時代の大阪・神戸の街を舞台に小林一三の波乱万丈の人生が描かれました。

このドラマの中で、星蘭さんを含む総勢14名のタカラジェンヌが出演し、宝塚歌劇団の舞台を再現しました。

星蘭さんを含め14名のタカラジェンヌは名前のない役ではありますが、非常に印象深いシーンとなっています。

おカネの切れ目が恋のはじまり

星蘭さんが二番目に出演したのドラマはTBS「おカネの切れ目は恋のはじまり」です。

現役のタカラジェンヌが連続テレビドラマにレギュラー出演するのは、1994年に放送された朝ドラ「ぴあの」でヒロイン役を演じた純名里沙さん以来、26年ぶりということで話題にもなりました。

松岡茉優さん演じる清貧をモットーとするアラサーのOL・九鬼玲子と、三浦春馬さん演じる九鬼が勤めるおもちゃメーカーの浪費家の跡取り息子・猿渡慶太がひょんなことから民宿を営む九鬼の実家で共に暮らすようになります。

価値観が真逆の2人が織り成すラブコメとお金に関するミニ知識などが好評で、全4回と少ないながら話題となりました。

星蘭さんはこのドラマの中で猿渡慶太の元カノで「投資家女子」・星徳まりあ役で出演しました。どちらも苗字が星の字から始まりますね。

星徳まりあは、梶裕貴さん演じる現在の彼氏・山鹿眞一郎との価値観の違いに悩んでいる女性です。

星蘭さんのことを知らなかった人でも、第2話で星蘭さんがこの真っ赤なワンピースで登場したシーンは印象に残っているのではないでしょうか。

おちょやん

星蘭さんが3番目に出演したドラマは、2021年前期の朝ドラ「おちょやん」です。

松竹新喜劇で活躍した昭和の大女優「浪花千栄子」の人生を題材したドラマで、千栄子をモデルにした竹井千代⇒天海千代を杉咲花さんが演じています。

星蘭さんが出演するのは物語の前半。千代が京都の撮影所で若手女優として活動しているときに、「伯爵の娘・梅子」を演じる女優として突然登場します。

具体的な役名はなく登場もその1度きりでしたが、白いドレスに日傘をさした姿は視聴者に強烈な印象を与えました。

公式ツイッターでも星蘭さんの出演をクローズアップ。

視聴者からも

  • めっちゃきれい
  • 目の覚めるような超絶美女だったー
  • とっても、京都の女優さんらしくて、素敵

と、その美貌に感嘆のため息が漏れていました。

ツイッターでも、「星蘭ひとみ」がリアルタイムトレンド2位になりました。

因みに、おちょやんには星蘭さんが「カネ恋」で共演した、ファーストサマーウイカさんが出演しています。ウイカさんが演じたのはハリウッド帰りの女優「ミカ本田」です。

星蘭ひとみの出演ドラマ一覧 まとめ

星蘭ひとみさんがドラマに出演するようになってから僅かな期間しかなかったので、出演作品は少ないですが、印象的な役ばかりでしたね。

もうテレビで見れないと思うと残念ですが、豊田大輔さんと結婚して幸せな家庭を築いてほしいですね。

目次
閉じる